ハチの集団に襲われると命の危機に関わるので注意

罠でアシナガバチ駆除~フェロモンを出す女王を先に駆除する~

アシナガバチ駆除はフェロモンを出す女王蜂を狙おう

アシナガバチの女王バチの出すフェロモンが重要な役割を持っていますから、早めに駆除するべきです。

女王蜂を駆除する

アシナガバチは女王蜂以外冬を越せません(駆除業者)

アシナガバチは冬になると女王バチを除いては全滅します。だから冬になるとアシナガバチの巣は空となるのです。アシナガバチ駆除を冬にしようと考えている人は、やっておいた方がよいでしょう。アシナガバチ駆除というよりも、残った巣を撤去するなどの作業をした方が良いです。自宅の近くに空になった巣があれば、ゴミ袋へいれて処分してしまいましょう。

巣を作りやすい場所をチェックしましょう(駆除業者)

春になると女王バチが目覚めます。そして目覚めた後は、栄養を摂り巣作りを開始します。巣を作る場所はハッキリと決まってはいません。しかし作りやすいであろうポイントは分かっています。軒下や庭の木、戸袋や車庫などです。一軒家でお住みの場合は、車のガレージや庭の木などをまずチェックしてください。早めに巣を見つけることでアシナガバチ駆除をするのが楽になります。

女王バチだけならトラップを設置してみてください(駆除業者)

春になって目覚めた女王バチが自宅の周りを飛び回っているのを見かけたならば、簡単に作れるトラップで駆除しましょう。トラップはペットボトルと紐、酒と酢に砂糖を混ぜたものなどで作れます。女王バチさえ駆除してしまえば巣が作られることがないため、子供が被害に遭うというリスクを回避することができます。また巣を早期発見できたのであれば、アシナガバチ駆除をして問題を解決しておきましょう。

トラップを設置する際の注意点

アシナガバチの巣から4メートル以上離れた場所に巣を設置しましょう。あまり近すぎるとアシナガバチに襲われる可能性があります。子供が触らないような場所へ設置することも大切です。また直射日光に当たらない場所におくのも大切なポイントです。トラップにハチが数匹かかったら、また新たなトラップを作りましょう。これを繰り返すことにより、安全にアシナガバチ駆除をすることができるでしょう。トラップの交換をする際は、アシナガバチの行動が鈍くなる夜中に行ないましょう。アシナガバチが出すフェロモンなどによってアシナガバチに攻撃される可能性があるので注意が必要です。

TOPボタン